Blog&column
ブログ・コラム

みんなの家うきの大晦日の夕食メニューは、年越しそば

query_builder 2020/12/31
ブログ・コラム
12月31日夕食メニュー

介護施設でも、年越しそばを食べて頂きます。

 

年越しそばの由来

縁起物で健康にもいいそばが、「みそかそば」「節分そば」と呼ばれて、毎月月末や季節の変わり目に食べられるようになったのは、
江戸時代中期。

「みそか」とは月末のことで、「節分」とは、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日を指します。

中でも立春の前日は、旧暦の12月末日(大みそか)と数日しか離れていないこともあり、この一年の最後あたりに食べるそばが、だんだんと年越しそばになっていったと考えられています。

「年越しそば」という呼び名が全国的に広まったのは明治以降らしく、江戸時代は「運そば」「年取りそば」(数え年で歳を取るから)とも呼ばれていたとか・・・

 

年越しにそばを食べる意味

・そばは細く長く伸びるので、寿命を延ばし、家運を伸ばすという願いを込めた説。

・そばは切れやすいので、一年の苦労や厄災をさっぱり断ち切って新年を迎えるという説。

・金銀細工師が、散らばった金粉を集めるのにそば粉を使っていたことから、金運を呼ぶという説。

・鎌倉時代、九州・博多の承天寺で、年を越せない町人に「世直しそば」と称してそば餅をふるまったところ、翌年から運が向いてきたので、「運そば」と呼ばれて大晦日に食べるようになったという説。

なかなかこれと断定できませんが、どれも願掛け、験担ぎと言えそうですね。
おせち料理にも一品一品意味があるように、昔の人は一杯のそばを食べるのにも、これだけの願いを込めていたのですね。

年越しそばを食べるタイミング

一年の厄災を断ち切る…という意味では、翌年に持ち越さないようにしましょう。
除夜の鐘が鳴り始めるまでには食べ終わった方がいいかもしれません。

食べる時間にはとくに決まりはありませんが、大晦日の夕食で食べる派と、23時過ぎに食べる派に分かれるようです。

施設では、夕食時にご提供します。

縁起物ですから、残さずきれいにいただきましょう!

まとめ

年越しそばは、元気ですこやかに新年を迎えたい…という、
庶民のささやかな願いや現世利益の思いが込められた縁起物と言えそうです。
 

私は、ど〇べぇのそばを頂きます。

NEW

  • 令和3年5月空床状況

    query_builder 2021/05/02
  • 卒業式

    query_builder 2021/03/25
  • 介護報酬改定の解釈通知案を公表 厚労省 留意点など説明

    query_builder 2021/03/14
  • 介護施設への看護師の日雇い派遣を容認 首相「しっかり指導監督させる」

    query_builder 2021/03/10
  • 要介護認定、更新時の有効期間を最長4年に延長 厚労省 新年度から

    query_builder 2021/03/08

CATEGORY

ARCHIVE