Blog&column
ブログ・コラム

今日は、クリスマス。高齢者の若い頃のクリスマスは?

query_builder 2020/12/25
ブログ
クリスマスツリー

日本のクリスマスの歴史

日本にはいつごろクリスマスの文化が渡来し、広がったのでしょうか。その歴史を見てみましょう。

伝来したのは16世紀とのこと。

日本で初めてクリスマス関係の行事が行われたのは、1521(天文21)年。周防国山口(現在の山口県山口市)で、フランシスコ・ザビエルとともに日本を訪れたコスメ・デ・トーレスが、降誕祭を行ったとされています。

その後江戸幕府の禁教令によりキリスト教は禁止され、クリスマス文化も途絶えます。隠れキリシタンもいましたが、クリスマスが行われていたかまでは分かっていません。例外として、長崎の出島に出入りするオランダ人は、「冬至祭り」と称してクリスマスを祝っていたといいます。

クリスマスが、広まり始めたのは明治以降

1900(明治33)年、銀座に明治座が進出し、クリスマスの売り出しを始めました。このクリスマス商戦をきっかけに、次第に庶民の間にもクリスマスが広がっていきます。

「日本型クリスマスの歴史(視点・論点)」(NHK 解説委員室)によると、1906年の新聞広告にはサンタクロースが登場。

このころから一般家庭でもクリスマスプレゼントを贈る風習が広まってきているのが分かります。

1910年(明治43年)には不二家がクリスマスケーキを販売しました。

キリスト教徒でなくともクリスマスを祝うという風習は明治終わりに定着。大正時代には児童向け雑誌の12月号で、クリスマスにまつわる話も入りました。

ということは、当施設に入居されている方々は、

クリスマスに馴染みがあるということですかね(^-^)

NEW

  • 住宅型有料老人ホームみんなの家うき 空き状況(宇城市)

    query_builder 2021/05/25
  • 令和3年5月空床状況

    query_builder 2021/05/02
  • 卒業式

    query_builder 2021/03/25
  • 介護報酬改定の解釈通知案を公表 厚労省 留意点など説明

    query_builder 2021/03/14
  • 介護施設への看護師の日雇い派遣を容認 首相「しっかり指導監督させる」

    query_builder 2021/03/10

CATEGORY

ARCHIVE