Blog&column
ブログ・コラム

忘れもしない日 ~人生のターニングポイントvol.3~ 告知後から切断まで(後半)

query_builder 2021/01/04
ブログ
病室1

1月19日から日記をつけ始めます。
1月23日に、転院
1月26日に、切断の手術

 

この、約1週間の長さは、
今まで生きてきた中で、最も長く感じた1週間
だったように思います。

 

1月19日 21時 強い痛み止め投与(たぶん、モルヒネ系だったと思う)
1月20日 3時 痛みで目覚める 体温39.6° 痛み止め服薬
     4時 痛みで起きる
     5時 強い痛み止め投与
     6時 体温40.0°
     7時30分 体温40.2°
     13時 強い痛み止め投与
     16時30分 脚の洗浄(麻酔をしてから)
     18時30分 目覚める
     この日から、エアーマットとポータブルトイレに変更になる。

 

1月21日 2時 急激な悪寒を感じ目覚める。
     3時30分 脚のしびれが強く、痛い
     3時41分 痛み止め投与
     4時40分 痛みで目覚める。体温39.1°
     午後 血管造影検査のため、導尿の管を挿入
     血管造影検査を受けての感想としては、局所麻酔をしたにも関わらず、
     造影剤が入っていくと腰から下部にかけて、痛みと熱感があり、
     とてもつらかった。
     21時 導尿の管抜去 ← これも痛いんよね。

 

1月22日 4時 目覚める いつも、4時から5時の間に足が痛くてつらくなる時間帯
     6時 体温39.6°
     18時10分 脚の洗浄より目覚める。 体温39.0°
     この日は、外は吹雪で雪が積もっていた。
     母親が、ここの病院にこのまま入院させていたら、死ぬんじゃないかと思い、
     主治医に転院の話をしたらしい。
     主治医は、すぐには、転院を認めなかったようで、母が色んなところに
     電話をして、やっと転院先が見つかったらしいです。
     この時、MRSAに感染し、敗血症になりかけていたらしい・・・

 

1月23日(金) 午後より転院する。

 

転院した病院の主治医が、私の脚をみて、
「なんでこんなになるまで、ほっといたの!」
「すぐにでも、切断しないと命に関わる。
 週明けに切断するから!」
「いいね?」

 

私は、
「このきつさが無くなるなら、すぐにでも切ってください」
「お願いします」

 

それから、すぐにICUへ入ることになった。
体にはいろんな機械を付けられ、口には酸素マスク

 

そんな状態で手術日を待つ。
この時は、常に熱が40度を超えていて、よく覚えていません。
日記も書けていません。
ただ、さすがに、手術前日は、
怖くて怖くて、どうしようもなかったのを覚えています。

 

1月26日(月) 
14時から手術の予定でしたが、前の手術が伸びて、待てども待てども呼ばれない。
はやく、切り落としてくださいと思っていました。

 

手術は、右下腿切断の予定で始まりました・・・

 

1月27日早朝目が覚めて感じたことは、
『あれ?脚切断した?脚がある感覚があるんだけど?』
と思っていました。

 

そこに、主治医が来て、一言目に

 

Dr:「矢野君、ごめん」・・・

 

私:『?』

 

Dr:「膝・・・残せなかった」

 

私:『?』

 

私:『膝?・・・屈曲・伸展しかないから・・・まー大丈夫か・・・』
私:「先生、大丈夫ですよ(笑)」
のちのち、膝の大切さを知ることになろうとは、この時は、知る由もなかった・・・

 

この手術中に、膝まで感染症に侵されていることがわかり、母親が呼ばれ、
このまま膝を残すかどうかを問われたとのことでした。

 

ただ、膝を残したら、もしかしたら、また手術をすることになるかもしれないとのことで、
母親は、これ以上は、きつい思いをさせたくないと
「膝の上で、お願いします」と頼んだとのことでした。

 

私は、手術が終わり目を覚まし、日記を書いておこうとページをめくりました。
そして、号泣します。
そこには、父親からの言葉が書かれていました。

 

しょう太へ
今日はよく頑張った。おつかれさま。
14時から手術と聞いていましたが、一日、君の事を思って仕事に手がつかなかった。
誰もが言うように、君は生かされているのです。
日本一の作業療法士になる為には、いろいろな試練があるのだと思います。
その最大の試練が今回の事でしょう。
いたみ(心も含めて)、そして悲しみがあるからこそ喜びがあります。
君がこれから接するであろう患者さんの
いたみや不安、そして悩みetc、
それらの事をすべて君は己が体で体験しました。凄いことです!
くよくよしたっていい、泣いてもいい
ひと月に三回も手術で頑張ったのだから
少し休憩です。
ゆっくり休んで
若干遠まわりになるけど
目標に向かって進みましょう。
私たち家族はもちろん、まわりの人たちも、
心配の反面、君の頑張りに励まされているのだから。

最近字を書かないので漢字が出て来ません。辞書を見ても字が小さくて読めません。
なさけない今日今頃です。

乱筆乱文失礼!

2004.1.26 23:00 根性なしオヤジより
(原文ママ)

 

この父親からの言葉に何度助けられたことか、どんなにつらい時もこの手紙を読めば、
つらく思わなくなる。
魔法の言葉です。

 

ちなみに、切断した1月26日は、母親の誕生日という、親不孝なやつです。

 

Vol.4へ

手紙1
手紙2

NEW

  • いろいろあるから人生楽しい 楽しく生きる vol.20 ~ 実習2期目:うそーん(;_;)

    query_builder 2021/01/26
  • いろいろあるから人生楽しい 楽しく生きる vol.19 ~ 実習1期目:生きる希望

    query_builder 2021/01/25
  • ブレイクタイム:私の会社の給料日のお話

    query_builder 2021/01/24
  • いろいろあるから人生楽しい 楽しく生きる vol.18 ~ 4年次開始後の悲劇

    query_builder 2021/01/23
  • ブレイクタイム:3R-80からC-legへ

    query_builder 2021/01/22

CATEGORY

ARCHIVE