Blog&column
ブログ・コラム

ブレイクタイム:入院中に起こった不思議な出来事 BEST3

query_builder 2021/01/14
ブログ
病院

今日は、少しブレイクタイム

病院であった不思議な出来事ベスト3を発表

 

第3位

病室の隅に薄黒い3人の人が下を向いて並んで座っている。

一般病棟内で病室の移動があり、ナースステーション前の部屋から、病院の柱が部屋の中に出ている角の部屋に変わりました。

その部屋に、変わってまず感じたのは、なんか息苦しい、重い。

その夜、息苦しい、呼吸がしづらい。息苦しい。

ふと目が覚めると、なんか異様な気配が、部屋の柱の方を見ると、薄黒い年おいた人が3人下を向いた状態で並んで座っている。

顔を上げるわけでも無く、何かを発するわけでもなく・・・

次の日、部屋を変えてもらいました。

 

第2位

切断する前日、私の夢に母方の祖父が出て来た。ただただ、穏やかな表情で私を見つめていた。

同じ日、私の父親の夢にも、義父が出てきて

「しょうたは、大丈夫」と言われたとのこと。

その数日後、母方の祖父は、亡くなりました。

最後の力を私に与えてくれたのかもしれません。

病院3

第1位

その日は、2004年皆既月食の夜だったと思う。

深夜2時過ぎ、回復期病棟の一番奥の私の個室のドアが開く音がする。

巡視の時間ではない。

誰だろうと見ようとするが、体が動かない(金縛り?)。

怖くなり、目を閉じていた。

すると、おなかの上に重みが・・・

明らかに誰かが乗ってきた感じだった。

そして、いきなり私の首を絞める。

勇気を振り絞り目を開けた、私の目の前には、

ナース服を着た、真黒な人が「私のおなかの上に乗り、首を絞めている。

何か声を出している。

「なんで、あんなことをしたんか。なんであの女と・・・」

こういう時は、強く否定しなさいとだれかい言われていたことを思い出し、

「俺じゃない。俺じゃない。」と必死で、声に出そうとしたが、声が出ない。

こころの中で、「俺じゃない。俺じゃない。」と声を出した。

すっと体が軽くなり、動けるようになった私は、一目散にナースステーションへ。

今の出来事を話そうとしたその時・・・

看護師の一人が・・・

「今日、月食やけ、外見てみよう」

結局、話せず終了。

あれは、何だったんだろう。

NEW

  • いろいろあるから人生楽しい 楽しく生きる vol.20 ~ 実習2期目:うそーん(;_;)

    query_builder 2021/01/26
  • いろいろあるから人生楽しい 楽しく生きる vol.19 ~ 実習1期目:生きる希望

    query_builder 2021/01/25
  • ブレイクタイム:私の会社の給料日のお話

    query_builder 2021/01/24
  • いろいろあるから人生楽しい 楽しく生きる vol.18 ~ 4年次開始後の悲劇

    query_builder 2021/01/23
  • ブレイクタイム:3R-80からC-legへ

    query_builder 2021/01/22

CATEGORY

ARCHIVE