Blog&column
ブログ・コラム

介護用の手すりはどうやって選んだら良い?

query_builder 2020/12/09
コラム
yellow-wall-staircase-stairway
ご自宅での介護が始まった際、要介護者さんにとって歩行の大きな助けとなるのが手すりです。
今回は、介護用の手すりの重要性や選び方について解説しますね。

▼介護での手すりの重要性

健康な方にはあまり想像できないかもしれませんが、歩行が困難な方にとって手すりの存在は重要です。
単に歩く時の支えになるだけでなく、歩く方向を変える時に活用したり、転倒しそうな時につかまる場所としても活躍します。

歩行だけでなくベッドや椅子から立ち上がる時にも、手すりがあるだけで格段に楽に動作を行うことができるとされています。

■介護用手すりの種類

介護用の手すりには、色々な種類があります。

●水平型
●縦型
●L字型
●波型
・据え置き型
・据え置き組み合わせ型
・突っ張り型
・突っ張り組み合わせ型

「●」で示している手すりは、壁に備え付けるタイプです。
「・」で示している手すりは、床に置いて使う仕様です。

■どうやって選ぶ?

介護用の手すりには色々な形状やタイプがありますが、どれが合っているかは人によって異なります。
要介護の方でも、歩き方のクセやテクスチャの好みは人それぞれです。
実際に触れてみて質感や使い勝手の良さを確かめながら、最も相性が良いと思えるものを選ぶと良いでしょう。

ご自身で選ぶのが難しい場合は、介護の専門家にもご相談ください。
みんなの家うきでも、要介護者様のお体の状態に合わせた手すりのご提案を行っていますので、お困りの際は遠慮なく頼ってくださいね。

▼まとめ

手すりがあると、要介護者様でもある程度自分の力で動けるようになりますので、生活が快適になるのと同時に、自信にもつながります。
介護用の手すりであれば購入やレンタルには介護保険が適用されますので、ぜひ導入を検討してみてください。

NEW

  • 令和3年5月空床状況

    query_builder 2021/05/02
  • 卒業式

    query_builder 2021/03/25
  • 介護報酬改定の解釈通知案を公表 厚労省 留意点など説明

    query_builder 2021/03/14
  • 介護施設への看護師の日雇い派遣を容認 首相「しっかり指導監督させる」

    query_builder 2021/03/10
  • 要介護認定、更新時の有効期間を最長4年に延長 厚労省 新年度から

    query_builder 2021/03/08

CATEGORY

ARCHIVE