Blog&column
ブログ・コラム

住宅型介護施設とは?

query_builder 2021/05/01
コラム
black-and-white-chess-board
介護が必要な方にとって、住宅型介護施設に入るかどうか悩む所ですよね。

住宅型介護施設に入るとどのようなメリットとデメリットがあるか知ってから判断したいと思う事でしょう。

今回は、住宅型介護施設についてお伝えします。

▼住宅型介護施設とは

住宅型介護施設とは、施設に入居して日常生活を送りながら介護も行ってもらえる施設の事をいいます。

例えば、介護付き有料老人ホームのような施設が住宅型介護施設です。

介護が必要な方が安心して暮らす事が出来る施設といえます。

▼住宅型介護施設のメリットとデメリット

■住宅型介護施設のメリット

住宅型介護施設の一番のメリットは、安心感です。

介護が必要な方にとって、常に介護をしてくれる準備が整っている環境は快適です。

専門的知識と技術を有したスタッフが対応してくれますし、周りには介護に理解ある方しかいないので周りの目を気にせず暮らせます。

■住宅型介護施設のデメリット

住宅型介護施設のデメリットは、一人暮らしと比べて多額の費用がかかってしまう事です。

介護スタッフが対応してくれるので費用が高くなるのは仕方のない事ですが、費用が理由で入居出来ない方もいらっしゃるでしょう。

▼まとめ

住宅型介護施設に入るメリットとデメリットを把握して検討しましょう。

みんなの家うきでは、家族のように接してくれる優しいスタッフが揃っています。

仲間とのふれあいを大切にした有料老人ホームをお探しなら、お気軽にご相談下さい。

NEW

  • 令和3年5月空床状況

    query_builder 2021/05/02
  • 卒業式

    query_builder 2021/03/25
  • 介護報酬改定の解釈通知案を公表 厚労省 留意点など説明

    query_builder 2021/03/14
  • 介護施設への看護師の日雇い派遣を容認 首相「しっかり指導監督させる」

    query_builder 2021/03/10
  • 要介護認定、更新時の有効期間を最長4年に延長 厚労省 新年度から

    query_builder 2021/03/08

CATEGORY

ARCHIVE