Blog&column
ブログ・コラム

老人ホームと特養の違いとは?

query_builder 2021/06/15
コラム
old-age-dementia-alzheimer-s
特別養護老人ホームの事を特養と略して呼ぶ事があります。

特養と老人ホームは似た性質を持っていますが、違いはどこにあるのでしょうか。

今回は、老人ホームと特養の違いについてお伝えします。

▼老人ホームには複数の種類が存在する

超高齢社会となった現代では、老人ホームにも複数の種類があります。

その中の一つに特養があります。

特養の特徴は後述しますが、正しく理解する事で老人ホームへの入居を検討する際に性質を踏まえた上で選べるようになります。

▼老人ホームと特養の違い

■老人ホームの特徴

一般的な老人ホームは60歳以上くらいの方が入居出来る施設です。

様々なイベントが季節ごとにあり、80歳くらいから入る方が多いようです。

要介護度が上がっていくと対応出来なくなり、退去しなければならなくなる場合もあるので事前に確認しておいた方がいいでしょう。

■特養の特徴

特養は、要介護の高齢者が入居出来る施設で、費用が安いのが特徴です。

公的な介護保険施設なので、倒産するリスクが少ないのがメリットといえます。

しかし、要介護度3以上の方しか入居出来ないので入居のハードルが高いです。

▼まとめ

特養と老人ホームは性質が大きく違うので、入居を検討する際に違いを意識して選びましょう。

みんなの家うきは、有料老人ホームを運営しています。

ケアスタッフが24時間対応してくれるので安心して生活出来ます。

ご検討中の方には説明させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

NEW

  • 住宅型有料老人ホームみんなの家うき 空き状況(宇城市)

    query_builder 2021/05/25
  • 令和3年5月空床状況

    query_builder 2021/05/02
  • 卒業式

    query_builder 2021/03/25
  • 介護報酬改定の解釈通知案を公表 厚労省 留意点など説明

    query_builder 2021/03/14
  • 介護施設への看護師の日雇い派遣を容認 首相「しっかり指導監督させる」

    query_builder 2021/03/10

CATEGORY

ARCHIVE