Blog&column
ブログ・コラム

高齢者施設のクラスター、全国で1000件超える 厚労省発表

query_builder 2021/02/20
コラム
厚生労働省

厚生労働省は17日、高齢者福祉施設で発生した新型コロナウイルスのクラスターがこれまでに1000件を超えたと発表した。

 

2月15日時点で全国で1017件。先週発表の8日時点では991件だった。

 

コロナとの戦いの難しさを改めて浮き彫りにするデータ。介護現場はリソースも乏しいなか、昼夜を問わず懸命の対策をとり続けている。ただ、人と人との接触がどうしても避けられない業務の性質もあり、感染拡大をなかなか防ぎきれないのが実情だ。

 

厚労省によると、2月15日時点の全国のクラスター発生件数は5104件。このうち、高齢者福祉施設は19.9%で最も多い。

 

内訳はこのほか、飲食店が947件、企業が941件、医療機関が874件、学校・教育施設が624件などとなっている。児童福祉施設は220件、障害者福祉施設は123件だった。

NEW

  • 2021年1月から、Twitterをガチでやっています。

    query_builder 2021/02/26
  • 感染リスク理由に介護サービス提供を拒否 厚労省「正当な理由に該当しない」

    query_builder 2021/02/26
  • コロナワクチン「接種したくない」 介護職の15%だけ 8割が「接種する」

    query_builder 2021/02/24
  • 宇城市 住宅型有料老人ホームみんなの家うき 空床状況です。

    query_builder 2021/02/23
  • 宇城市観光ホームページ『Uki trip』公式アンバサダーになりたいんじゃ

    query_builder 2021/02/23

CATEGORY

ARCHIVE